集会の前には元気一杯、心から神さまに向かって賛美をします。毎年、キャンプのテーマソングが作られます。キャンプの最初のうちは、歌えなくても、終わる頃には、楽譜を見ないで歌えるようになります。

 同じグループになっても、話すのも難しい…という感じですが、ゲームをしたり、スタッフと遊びながら、だんだん打ち解けるようになっていきます。

 夜の集会は、毎年、スタッフたちがその年の中学生にいちばん知ってほしいテーマを考えます。そして、講師が立てられ、中学生に聖書がわかりやすく語られていきます。なんと言っても、この時間がキャンプの中心です。

 もう一つの目玉と言えるのがジョイフルアワーです。グループで、主に劇を作って発表します。最初は、何をやるかもなかなか決まらないグループも少しずつ話し合い、この時までにまとめあげるのです。現代の中学生にとって、「協調して」何かを行なうというのは、大きな課題と言えるでしょう。そのためにも、グループ活動は用いられています。

 

 


CSKのページに戻る キャンプのページに戻る